戻る

※このSSは「シスタープリンセス」のパロディーです。「電撃G'sマガジン」か、「シスタープリンセス」のゲームをプレイされていないと意味不明だと思います。


四葉のチェキチェキ日記


 俺は四葉から借りた本を返しに、四葉の部屋へ行った。
 
 トントン
 
「おーい、四葉入るぞー」
 
 ガチャ
 
 俺は返事を待たずに四葉の部屋に入った。
 
 ……いない
 
「どこに行ったのかな…………おや? これは…」
 
 机の上の一冊の本に目が止まった。
 
 その表紙には赤い文字ででっかく
 
 

 
 と丸の中に書いてある。
 さらによく見ると、その下には
 
 

「四葉のチェキほーこくしょ」

 
 と書いてある。
 
「な、なにを考えてるんだ四葉は…」
 思わず頭を抱えてうずくまる。
 
 でも、ちょっぴり興味あるな……
 
「…四葉ー、いないよなー」
 
 周りを見回すが人影は……無い。
 うんうん。
 それじゃ、四葉には悪いけどちょーっと見させてもらおうかな。
 ・
 ・
 ・
  ○月×日
『今日も、兄チャマをチェキーーッ!
 
 というわけで、今日は大学までやってきましたデス。
 えーと、兄チャマどこかなー……あっ、見〜つけた!
 中庭でご本を読んでる!
 とりあえず、茂みの中からチェキしよーっと。
 ・
 ・
 あぶないっ! 後ろからボールがっっ!!
 そうだ、この下にぐーぜん落ちてた硬球をあのボールに当てて方向をそらせればOKね!

 えいっ!!
 ・
 ゴキッ!!!
 ・
 ・
 あ、あはははは……四葉の投げた方が直接あたっちゃた……
 で、でも後ろから飛んできたボールはあたらなかったから、四葉はやっぱりいいことをしたんデス!』

 ・
 ・
 ・
 あ、あれは四葉のしわざかぁぁぁーーー!!
 俺はまた脳が割れたかと思ったぞ。
 まったく…
 ・
 ・
 とりあえず続きを読むか……
 ・
 ・
 ・
 △月☆日
『今日は、研究室でチェキーーーッ!
 
 というわけで、今日は教卓の中からのぞいて見てます。
 なんだか、難しそうな授業デス……
 ・
 うーん、せっかくだから兄チャマが活躍するところ見てみたいなー……そうだっ!
 センセイに当ててもらっちゃおう!
 センセイに、「兄チャマになにかきいて!」っていう紙を見せて……っと。
 えっ!? 先生にバレて平気なのかって?
 だいじょーぶデス。
 四葉とセンセイはもうお友達だも〜ん!
 ・
 あっ! 
 ・
 センセイが兄チャマを当てたみたいデス。
 ガタッ
 兄チャマは立ち上がったけど黙ってる………
 そっかー! これは沈黙が答えなんデスねっっ!!
 さすが、大学の授業、奥が深いデス…
 でも、ちょっとうつむきかげんの兄チャマの姿ってステキ(ハート)』

 ・
 ・
 ・
 これも、四葉のしわざかぁぁぁーーーーー!!
 俺は、寝てるところを当てられたんで、全然答えられなくて下向いてるしかなかったんだぞっっ!!
 ・
 ……しかし、四葉は先生といつのまに知り合いになったんだ……
 うう、想像するとどんどん怖くなってしまう…
 ・
 ・
 ・
 続きを読むのが怖くなったけど、もう少し…
 ・
 ・
 ・
 □月○日
『今日はデパートでチェキーーーー!!
 
 えーと、兄チャマは………
 あーーーーっっ!!
 白雪といっしょに買い物してるーーー!
 うーーん、なんとかしないと…………そうだ!
 ・
 「ピンポンパンポーン、ただいまより地下一階でしめ鯖フェアを開催いたします…」
 ・
 と、店内放送を流しておいて……
 エヘヘ、白雪が慌ててやってきたわねっ!
 そーっと、後ろから近づいて、右手のルーペで………エイッ!
 キュウ!
 ふー… 白雪はとりあえずしばってどこかに隠しておいて…
 さあ兄チャマのもとへーーっ!!
 ・
 ・
 ……えーと、兄チャマどこいっちゃたかな……
 あーーーーーっっ!!
 今度は咲耶姉チャマとお洋服を見てるーーーーーっ!
 んーと、んーと、咲耶姉チャマは大きいからルーペでエイッ!ってわけにはいかないし…
 そうだっ!
 ・
 ……そーっと、ぶら下がってる服の陰から近づいて……クロロホルムッ!!
 フニャフニャフニャ〜
 んしょ、んしょ、やっぱり咲耶姉チャマは体が大きいだけあって、運ぶのがたいへんデス…
 ・
 ・
 さて、兄チャマはっと………
 あーーーーーっっ!!
 いつのまにか衛といっしょにスケボーを見てるーーーっっ!
 で、でも、だいじょーぶ。
 こんなこともあろうかと思って用意したこのスケボーを…
 よいしょ。
 こうやって、衛の見えるところに置いておくと…
 バタバタバター
 この模様を見れば、催眠効果で眠っちゃうのデス
 ……あれ!? 他にもいっぱい人が倒れているようだけど、まあ、気にしないでおきまショウ。
 とりあえず、衛をかかえて逃〜げよっ!』

 ・
 ・
 ・
 みんな次々と消えて行くから帰ったのかと思っていたが……
 これも、四葉のしわざかいっっっ!!!
 ・
 スポーツ用品売り場で人がいっぱい倒れていたのは………記憶から消去しよう。
 俺は何も見てない聞いてない…
 ・
 ・
 ・
 ううっ、ページをめくるのが怖い…
 これで最後にしよう…
 えーと今日か…
 ・
 ・
 ×月△日 『今日も兄チャマをチェキーーーーッッ!!
 
 場所は………四葉の部屋のクローゼット!!!

 ・
 ・
 えっ!?
 ・
 俺が慌てて部屋の中を見回すと、壁に造り付けのクローゼットが目に入る…
 まさか……まさか……
 
 バタッ!!!
 
「兄チャマのハートに、チェキチェキ、チェキよっ!」
 クローゼットから飛び出した笑顔いっぱいの四葉が俺に抱きついてきた。
 
 〜 完 〜
 
あとがき
この話は、四葉のBD記念ということで、SPSSさんに投稿した話です。
この四葉はストーカーというか……たんなるアブナイやつになってしまいました。
本当はもうちょっとマトモ……だといいんですが(笑)

 
2000年6月21日発表
2001年7月17日改訂

戻る