V.エワルド 金管五重奏曲第1番

演奏ストックホルム室内金管五重奏団
録音1993年2月27日〜3月2日
カップリングエワルド 金管五重奏曲第2番・第3番・第4番
発売BIS
CD番号BIS-CD-613


このCDを聴いた感想です。


 作曲者のエワルドは1860年頃サンクト・ペテルスブルクに生まれ、1935年に亡くなるまで、ほとんどペテルスブルクから離れることはありませんでした。
 この人もロシアの五人組と同様に作曲が本業ではなく、本来はペテルスブルク工科大学の教授でした。
 余暇に作曲を行う一方、アマチュアの弦楽四重奏でチェロを弾いていたりしています。また、ホルン奏者としても優秀だったそうで、その関係で、この曲を含む一連の金管五重奏曲が作曲されたのでしょう。

 この曲は、三つの楽章に分かれていますが、全体でも13分弱という短めの曲です。
 メロディーも民謡調といいますか、明るいけど、ちょっとひなびた感じの、心が安らぐ心地良いものです。
 曲調も、一部暗めの部分が出てきますが、全体的に明るく、夏の日の田舎の夕方のような安らかな感じです。
 わたしが一番好きなのは第3楽章なのですが、この楽章だけはテンポが速めで、マーチ風にちょっと派手で勇ましい雰囲気になっています。
 また、メロディーもどことなく都会的で洗練された感じになり、展開も和音を中心とした重厚なものになります。
 わたしはこの音楽の展開が非常に好きなのです。
 形式的にはA→B→A→B→Aのようになっており、Aの部分が長調で、Bの部分が短調なのですが、それぞれのメロディー自体がまず好きな上に、この長調から短調、短調から長調への移り変わりの部分がまた素晴らしいのです。
 ちょっとしたブリッジを経由をして移るのですが、その部分が自然でありながら、魅力的な展開なのです。

 ストックホルム室内金管五重奏団の演奏は、吹き方がロシアっぽいな、と感じる部分もありますが、それぞれの腕は上手く、息もピッタリ合っています。
 ただ、音色的には、もうちょっと溶け合ってほしいところです。どうしてもプレイヤー一人一人の音が自己主張しすぎるようです。(2000/10/6)


サイトのTopへ戻る