外山雄三 管弦楽のためのラプソディ

指揮沼尻竜典
演奏東京都交響楽団
録音2000年7月25・27日
カップリング伊福部昭 日本狂詩曲 他
日本管弦楽名曲集の一部
発売アイヴィー(NAXOS)
CD番号8.555071J


このCDを聴いた感想です。


 この曲は、外国で演奏される機会が最も多い曲の一つかもしれません。
 それも、たいていの場合、外国のオーケストラが演奏するのではなく、日本のオーケストラが海外公演をした際に、演奏されることが多いと思います。
 そもそも、この曲が作曲された事情からして、1960年にN響が世界一周公演をする際に演奏する曲として委嘱されたものなので、海外で演奏する事を念頭に作曲されています。
 さらに、演奏時間も7分強と、それほど長くないこともあり、プログラムやアンコールに組み込みやすいのでしょう。
 曲の雰囲気は、いかにも外国の人々が「オー! ディス イズ ジャパニーズ トラディショナル メロディーね」と言って喜びそうな、日本色……というか民謡色が前面に色濃く表れています。
 曲の中のほとんどのメロディーとリズムは、既存の民謡をそのまま生かしたもので、基本的な編成こそ西洋の流れであるオーケストラですが、途中で出てくるフルートの長いソロなんかは尺八に近い使われ方だったり、打楽器には鉦や和太鼓が加わっていて、基となった民謡の雰囲気をできるだけ損なわないようにしています。
 また、なかなか上手いのが曲の構成です。
 「急−緩−急」の三部形式なのですが、前半の急の部分は、『あんたがったどこさ』の歌詞で知られる「手毬歌」に始まり、北海道の「ソーラン節」と福岡の「炭坑節」、和歌山の「串本節」と目まぐるしくつながっていき、聴く者を一気に「民謡」と「祭り」の世界に引きずりこみます。
 そうやって一旦大きく盛り上げた後、次の緩の部分で、フルート独奏で長野の「信濃追分」をじっくりと歌い上げる事で、今度はさっと静かで情感溢れる世界に導きます。
 信濃追分でしみじみとした雰囲気が染み透ったところで、拍子木によって雰囲気が変わる事をそれとなく予告しつつ、気合の入った掛け声を合図に、それまでの静けさからは一転して後半の急の部分に入ります。
 後半は、ほぼ群馬の「八木節」一本なのですが、この八木節がまた、メドレーの締め括りに使われるために作られた曲じゃないだろうかと思えるぐらい、終曲にピッタリの曲なのです。
 テンポは良いわ、調子は良いわで、終りに向かってぐんぐん盛り上がっていきます。
 わたしは高校時代に吹奏楽で、この「管弦楽のためのラプソディー」とは違うのですが、「日本民謡メドレー」という、タイトルそのままに民謡がメドレーになっている曲を演奏した事があるのですが、この曲もやはり最後は八木節でした。
 どちらの曲もメロディーだけで別に歌詞が付いているわけではないのですが、その時に教わった、八木節の『♪アアーー、ちょいと出ました三角野郎が、四角四面の櫓の上で、音頭取るとは憚りながら〜…』という歌詞は、その調子の良さと語呂が合っていたせいか、妙にインパクトがあり、10年以上も経った今でさえ、しっかりと覚えています(笑)
 いやもう、八木節最高ですわ(笑)

 その一方で、メロディーは上述した通り、既存のメロディーから取られているのですが、ただそれを順番に並べたのではなく、工夫を凝らして、民謡に慣れている日本人にも新鮮味を感じさせるようにしています。
 特に、前半の急の部分では、一つの民謡に対して、別の民謡が対旋律のように演奏されたり、和声も明るいばっかりではなく、暗めの和音や不協和音も時に織り交ぜ、通り一遍にならないよう配慮してあります。
 また、後半の八木節も、一本調子にならないように、打楽器に明確にアクセントを指示し、音楽にメリハリをつけています。

 演奏している沼尻は、華美ではありませんが、固くしっかりとまとめています。
 さらに、ソロなどの演奏方法については、和楽器的な演奏を徹底させているため、民謡の雰囲気を強く残しています。(2003/4/19)


サイトのTopへ戻る