S.S.プロコフィエフ 組曲「キージェ中尉」

指揮ウラディミール・フェドセーエフ
演奏モスクワ放送交響楽団
録音1993年8月29〜31日
カップリングプロコフィエフ 「ロメオとジュリエット」 他
発売CANYON
CD番号EC3687-2


このCDを聴いた感想です。


 この組曲は5曲で構成されていますが、この演奏での一押しは第4曲の「トロイカ」です。
 わたしが組曲の中で一番好きという事もあるんですが、このノリの良さは素晴らしいと思います。
 テンポ自体は、目を見張るほどの速さという訳ではないのですが、爽快な疾走感があります。
 タンバリンが強調されているところが、またそれを助長しています。
 特に、中間部のファゴットとサックスがメロディの部分は、妙に割れ気味の音色いい、最高にノッた演奏を聞かせてくれます。
 でも、この「トロイカ」、改めて聴き直してみると、疾走感の裏側では、弦楽器(特にヴァイオリン)って無茶苦茶細かい動きをしてるんですよね。
 まあ、それがピッタリ揃っている、モスクワ放送交響楽団の実力も凄いものがあります。
 さらに、速いパッセージを弾いていない時は、チャイコフスキーの交響曲第4番の第3楽章並みのピチカートをやらされてたり、大変そうです。
 大学時代の先輩が、この曲の譜面を渡された時(ちなみにその人は、セカンドヴァイオリンだった。ついでい言うと、ファーストヴァイオリンの2倍細かい……(汗))、「こんなの弾けるかぁっっ!! プロコフィエフちょっと来いっ!!」とおもわず思ったそうです(笑)。

 全体を通しての特徴としては、まとまりより、各楽器の強調が目に付きます。
 特に、管楽器と打楽器を表に出すことで、色彩豊かな演奏になっています。
 さらに、音色がロシア風なので、微妙に重くて泥臭く、とてもグッドです(笑)。個人的にはもっと泥臭くして欲しかったなー とも思いましたが。
 もう一つ嬉しいのが、不協和音の扱いの上手さです。
 もちろん汚くてはいけませんが、あんまり整いすぎて綺麗な響きになるのも好きではありません。少なくともこの曲では(笑)。
 この、不条理感というかねじれが好きなのですが、フェドセーエフは強調する音を調節することで、このねじれがとてもよく出ているように感じられます。
 幻影の「キージェ中尉」という存在と、うまくマッチしてるんじゃないかな〜っと(笑)(2000/12/8)


サイトのTopへ戻る