R.ワーグナー 歌劇「リエンツィ」序曲

指揮グィド・カンテルリ
演奏NBC交響楽団
録音1949年12月31日
カップリングJ.ハイドン 交響曲第94盤<驚愕> 他
「Guido Cantelli The NBC Broadcast Concerts December 1949- January 1950」の一部
発売TESTAMENT
CD番号SBT4 1306


このCDを聴いた感想です。


 どんどん畳み掛けてくる迫力に驚きました。
 特に後半のテンポの速い部分では、ドリルで穴をくりぬくようにグイグイと突き進んでいきます。
 畳みかける部分では、テンポも音楽の盛り上がりに合わせて加速していくのですが、その加速の仕方は、カーブを描いて急激に加速していくような劇的なものではありません。右肩上がりの直線のように着実に加速していきます。そのため、クライマックスは大きく何かが壊れるような破壊的な感じではなく、ピラミッドのようにしっかりと積み重ねていってついに頂点に達したような揺ぎ無いものです。予想外の驚きは無いものの、着実な積み上げなだけにそのゆるぎない安定感は素晴らしく、堂々としていて、富士山を仰ぎ見るように、まさに圧倒されます。
 考えてみれば、こういう、勢いだけでは持って行けない着実な盛り上げ方というのは、トスカニーニの芸風そのものです。たしかにカンテルリがトスカニーニの後継者と言われたのもわかります。
 そもそも、オーケストラもトスカニーニが指揮してきたNBC響ですから、こういう演奏はお手の物でしょう。オーケストラ自体の力も存分に発揮されています。
 とにかく、一つ一つの音の力が強靭でスピード感もあり、さらに次第にテンポが加速していくにつれて、どんどん輝きが増していきます。
 特に金管の響きのパワーには圧倒されました。
 実は、録音自体は、1949年でしかもライブ録音ですからあまり良いものではありません。当然モノラルです。ステレオ録音などと較べると、当然響きなども乏しいはずです。
 ところが、この演奏の金管はそんなハンデをものとものせず、ガツンと届いてきます。
 いや、たしかに響き自体はそれほど聞こえて来ません。しかし、響きが無いことが逆に音の輪郭を明確にして、力をダイレクトに伝えてきます。
 曲の終盤に、ファンファーレ風の動きがよく登場しますが、非常に締まった響きで、その密度の濃さは、剃刀一枚も入らないほどと言われる某インカの遺跡並に、隙間なくぎっちりと詰まっています。それだけにエネルギーの集中度も半端ではなく、固めに固めた響きから放たれる光はギラギラと眩しいまでに輝いています。
 たぶん現地で聴いていた観客は、CDを通して聴いているわたし達以上に、迫力を感じたことでしょう。曲の最後の和音が鳴り終わらないうちから盛大な拍手が入っていますが、大いに納得できます。(2011/4/16)


サイトのTopへ戻る