R.シュトラウス 交響詩「死と変容」

指揮デイヴィッド・ジンマン
演奏チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
録音2001年2月6・7日
カップリングR.シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」
発売ARTE NOVA(BMG)
CD番号74321 85710 2


このCDを聴いた感想です。


 激しい部分、静かな部分ともピシッとまとまった演奏なのですが、特に、静かな部分の綺麗な響きは特筆すべきものがあります。
 まず、ハーモニーが美しい。
 響きが澄み切っていて濁りが無いだけでなく、バランスも良く、聴いていても「この和音にはこの響きが求められていたんだ!」と思わせるくらい、心地よく感じられます。
 この雰囲気はとても優しく、穏やかで落ち着いた気分になってきます。
 さらに、あくまでも穏やかな雰囲気はそのままに、ハーモニーの移り変わりにあわせて、少し暗くしたり明るくしたり、ちょっと緊張感を出したり弛緩させたりして差をつけることで、陰影がつき、聴き手を飽きさせません。
 このハーモニーの上にメロディーが乗っかるのですが、メロディーは歌い込みを抑えることで、響きを邪魔しないで上手く上に乗っかっています。
 また、この抑え目の歌わせ方は、曲の激しい部分と良い対比になっていて、かえって曲にマッチしています。

 実は、わたしがこの曲を聴くとき、この静かな部分はいつも退屈に感じていたのですが、この演奏で初めて静かな部分の魅力に気がつきました。
 このイメージがあれば、この曲の他の演奏を聴いたときも、静かな部分の魅力を感じやすくなれる……と思います。

 さて、一方激しい部分ですが、アタックをキッチリつけて硬めに演奏してます。
 しかし、この部分も響きを重視したハーモニーを聞かせてくれるため、まとまりが良く、その分スケールが小さくなってしまっています。
 個人的には、もう少し荒々しい方が良かったかなとも思います。

 この演奏……というかCDで驚いたのは録音年月日です。
 この演奏が録音されたのは、2001年2月……ということは、この文章を書いている現在(2001年12月)でさえ、まだ録音されてから一年経っていないのです。
 まして、このCDが発売されたのはもっと前です。
 わたしなんかは、録音からCD発売までは2〜3年かかるものという、イメージがありましたので、このCDの録音年月日には一瞬目を疑いました。
 わたしは、録音からCD発売まで数ヶ月というのは、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートだけかと思っていましたよ(笑)
 それにしても録音から発売までって、こんなに短くなったんですね。驚きです。(2001/12/7)


サイトのTopへ戻る