R.シューマン 交響曲第2番 ハ長調

指揮ロジャー・ノリントン
演奏SWRシュトゥットガルト放送交響楽団
録音1999年9月29日〜10月1日
カップリングJ.ハイドン 交響曲第104番<ロンドン>
発売hänssler
CD番号CD 93.011


このCDを聴いた感想です。


 なによりも音の弱い部分での響きの優しさが印象に残りました。
 とりわけ明るい長調の部分です。
 冒頭からそれがよくわかります。
 弦楽器の低い音のメロディーがゆったりと流れて、その上に、穏やかな金管の響きが静かに重なります。
 曲が進むにつれて楽器が増えて音量は大きくなっても力強くなったりせず、平和で緩やかな雰囲気を保っています。
 ピアノでの優しい雰囲気は速いテンポでも変わりません。  第2楽章のトリオ、第1トリオの三連符が軽快ながら鋭すぎずフワッと流れていくのも良いのですが、後半の第2トリオはそれ以上です。
 初めの弦楽器だけの部分はピアノとはいえ、その前の激しい主部の名残があってか、多少力が入っていますが、オーボエにメロディーが移ってからは、ほどよく力が抜け、素直で明るい雰囲気が広がっていきます。メロディーに和音をつけていくクラリネットとの響きも一切妥協しない固い意志でピリピリと合わせるのではなく、音色を溶け合わせることで余裕を持たせ、柔らかく響かせています。さらに響きを上手く引き締めているのが、ヴィオラのスタッカートで刻んでいく伴奏です。メロディーおよびそれに和音として加わる木管は、穏やかで柔らかいだけにどうしてもテンポ感が薄くなり、長い音符などでは間延びして聞こえかねないところを、ヴィオラがきっちりと刻むことで音楽にリズムをつけています。このヴィオラもテンポを保つように刻んでいますが、決して硬く鋭くなったりせず、当りは柔らかく、滑るように進んでいきます。
 第3楽章は、穏やかでゆったりとした楽章ですから穏やかな雰囲気がいたるところに表れていそうなものですが、そうでもありません。ピアノでもメロディーを力を入れて歌っているため、音楽に粘りが出て、あまり素直に明るくはないのです。
 むしろ第4楽章の途中に雰囲気が出ているところを見つけました。
 後半に、全休止が何回か続いた後、オーボエが哀愁の漂うメロディーを吹くところがあります。
 このオーボエ……ではなく、そのもう少し後の方で、同じメロディーが今度は長調で演奏される部分です。
 初めのオーボエの時には、たしかに哀愁が漂い、なんとも悲しげです。
 しかし、その悲しい雰囲気がどうもあからさま過ぎて、もう一つ余韻が残りません。
 それが、ティンパニーが加わる以降の長調の部分では、穏やかな雰囲気が、内側から染み出してくるように自然に広がっていき、最後は全体を柔らかく包み込みます。
 五月の空を思わせるような穏やかにして清々しさが満ちています。

 ピアノの部分ばかり書きましたが、フォルテの部分はフォルテの部分でよく鳴っていて、厚い響きながら機敏に反応しています。さらに音のキレはノリントンらしくかなり良く、テンポ良く畳み掛けられるとかなりの迫力があります。
 ただ、わたしにとってこの演奏は、ピアノの部分が第一の魅力で、このためだけにこの演奏を聴いても惜しくないほどです。(2006/8/5)


サイトのTopへ戻る