R.メンゲルベルク Salve Regina (サルヴェ・レジナ)

指揮ウィレム・メンゲルベルク
独唱ソプラノ:ジョー・ヴィンセント
演奏アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
録音1940年4月9日
発売及び
CD番号
AUDIOPHILE(APL 101.541)
TELDEC(243 723-2)


このCDを聴いた感想です。


 タイトルの『Salve Regina(サルヴェ・レジナ)』は「めでたし天の女王」という意味で、もともとは聖母マリアのために歌われる詩編歌やそれに準ずる歌の前後に歌われる短い歌曲の一つで、R.メンゲルベルク以外にもいろいろな作曲家が曲を作っています。
 こういった詩編等を歌った曲は、本来は二つの合唱が絡み合っていく形らしいのですが、R.メンゲルベルクのサルヴェ・レジナは完全にソプラノソロ一人による歌曲になっていて、演奏時間も10分程です。
 曲の雰囲気もまんま宗教曲といった感じでゆったりとした静謐な雰囲気でほぼ貫かれています。
 まるで深い森の奥にある深い湖の湖底近くのようで、安らかに静かな時が流れていきます。
 感情も常に穏やか。大笑いや怒り泣き叫びといった激しい感情の動きは無く、いつも優しく微笑んでいるかのようです。修道院のシスター辺りがイメージとして近いかもしれません。
 それでも部分的には曲が盛り上がるところもあるのですが、それも一時的な変化ですぐに元の雰囲気に戻ります。湖底からキラキラと光る湖面を見上げ、その湖面が突風とかで大きく揺らぐことがあっても時期に収まり、またもとのキラキラと光る湖面に戻るのと同じです。
 非常に安定した雰囲気のため、時間という観念がほとんど無意味のように思えてきて、10年前も今もさらに10年後すら全く変わらぬ雰囲気を保っているかのようです。
 新しいものやワクワクするような変化が好きな人が行ったらきっと1日で飽きて逃げ出したくなるのではないでしょうか。逆に穏やかな安定を好む人にとっては天国のような場所でしょう。

 オーケストレーション(楽器の使い方)としては、歌の合間に登場する主なメロディーは管楽器のソロでつないでいきそれに弦楽器が絡んでくるという形で、メンゲルベルクの演奏はソロをゆったりと大きく歌わせて弦楽器なんかもポルタメントを結構入れているのですが、人間的な感情丸出しな雰囲気はあまり無く、意外なほど安らかで清々しい空間を作っています。
 ソロのジョー・ヴィンセントもかなり感情を込めた歌い方で、さすがに静謐な雰囲気とは多少合わないような気もしますが、その分無色透明に近い曲に多少なりとも彩りをもたらしているのもまた事実です。それに多少合わないといっても、決してオペラのアリアを歌っているような静かな雰囲気ぶち壊しの歌い方ではないのですから、感情を込めた歌い方も必死に祈っている姿のようで、方向性こそ違うもののこれはこれで冒しがたい雰囲気が感じられてなかなか良さがあります。(2004/6/5)


サイトのTopへ戻る