M.ムソルグスキー 交響詩「はげ山の一夜」

リムスキー=コルサコフ 編曲

指揮ウィリアム・スタインバーグ
演奏ピッツバーグ交響楽団
録音1958年3月18日
カップリングチャイコフスキー イタリア奇想曲 他
発売EMI(Capitol)
CD番号CDM 7243 5 67249 2 1


このCDを聴いた感想です。


 演奏の内容もさることながら、録音の特異さがより一層印象に残った演奏です。
 どういうことかと言いますと、楽器同士の音の分離が良すぎるのです。
 これは、ステレオ録音初期の頃の録音によくある傾向なのですが、まるで楽器の一本一本に別々のマイクをつけたように、個々の楽器の音がダイレクトにスピーカーから出て来てしまい、ブレンドされた一つのサウンドに聞こえなくなってしまうのです。
 そのため、統一感や重厚さには乏しいのですが、その代わりに他の録音には無い色彩感があります。
 いや、いっそ極彩色といっても良いかもしれません。楽器の音色がストレートに表に出て来ているため、絵の具を原色のまま塗ったようにくっきりとした鮮やかな色彩になっているのです。
 しかも、音のそのもの録音状況はステレオ初期とは思えないほど鮮明で、さらに楽器それぞれの音がほとんどそのまんまスピーカーから聞こえてくるため、現代では主流の、全体としてのサウンドが主体の録音と異なり、まるで目の前で楽器を演奏されているかのようで、異常に生々しく聞こえます。  この生々しい音のため、各楽器の様子がまるで手に取るようにわかるのですが、逆にいうと、各奏者の技術の上手い下手まで丸わかりということです。
 で、このオーケストラの奏者の技術力ですが……上手いですね。
 例えば、曲の冒頭で、高弦の不安感を煽るような速い三連符と、低弦の不気味なスタッカートの四分音符の動きに乗って、木管楽器がユニゾンで32分音符の細かい動きが入るメロディーらしきものを演奏する部分があるのですが、どの奏者にも全く乱れが見えません。32分音符の一つ一つまでクリアに聞こえます。しかも、さっきも書いたように楽器の音が融けあわず、それぞれ別個に聞こえるのですが、その一つ一つが、まるでコピー&ペーストを繰り返したかのように細かいニュアンスに至るまで、全く同じに揃えられているのです。
 こういった、個別に聞こえるのにも関わらず、全く同じ動きをしているというのは、イベントで見かけるマス・ゲームや、あるいはパラパラ、ひいてはナチスのプロパガンダを思い起こさせ、異様な迫力と、非人間的なものに接した時のような恐怖を感じさせます。
 さらに、聴いていて、もう一つ強烈に印象に残ったのは、金管……特にトランペットです。
 テクニックが上手いのに加え、その音色がまたドライなのです。
 いかにもアメリカらしいとでもいうか、まるで、竹を割ったみたいにスパッとした音抜けの良い音色で、これで、バランス的に少し強めに入っているということもあり、他の楽器からは完全に浮かび上がって強い存在感を出しています。

 音楽の流れとしては、速めのテンポで、それほど変わったことをしている訳ではないのですが、畳み掛けるような音楽作りが著しく効果的です。
 ただでさえ音が生々しいのに、どんどん前へと進んでいく音楽にしているため、急き立てられるような強い緊張感が有り、聴いていると圧倒されるような思いがしてきます。

 録音といい、演奏といい、現代ではあまり見かけないタイプですが、こういう演奏はわたしは非常におもしろいと思います。(2002/9/6)


サイトのTopへ戻る