J.シュトラウスII 喜歌劇「こうもり」序曲

指揮ジョン・バルビローリ
演奏ハレ管弦楽団
録音1956年6月19〜23日
カップリングJ.シュトラウスII 喜歌劇「ジプシー男爵」序曲 他
「Viennese Night」の一部
発売DUTTON(Pye)
CD番号CDSJB 1010


このCDを聴いた感想です。


 この「こうもり」序曲という曲は、堅苦しい曲ではありませんし、フレーズの終わりでスピードを緩めて余韻を持たせたりといったようなテンポのちょっとした変化をわりと自由に出せる曲だと思います。
 そのため、多少テンポが伸び縮みしようとそれほど珍しくは無いはずですが、それでも、この演奏を最初に聴いたときには驚きました。
 いくら自由が利くといっても、まさかここまでやるとは。
 一番強烈なのは、中間部でオーボエのソロが登場するあたりで一度短調になった後で、そこからまた長調に戻るところです(第228小節)。3拍子からポルカ風の2拍子に戻るところといった方がわかりやすいかもしれません。
 長調に戻ったメロディーは、2拍目裏から8分音符のアウフタクトで始まります。
 その最初の音をバルビローリは非常に長く伸ばしているのです。
 たしかにここはテンポも変わり目ですし、他の指揮者でも同じように2拍目裏を遅くしている人は少なくありません。
 しかし、いくら遅くしてるといっても、それは次の小節へと続いていくメロディーの導入であり、あくまでもメロディーの一部です。
 ところが、バルビローリは、あまりにも遅すぎて、とてもメロディーの一部には聞こえません。
 なにしろ、音を出している最中に機械がフリーズして、鳴りっぱなしのままで止まってしまったのではないかと思えるほどで、本当は一拍分のはずのなのに、ほとんど一小節分近く伸びています。
 そもそも、そのメロディーはリズミックなものなので、音もスタッカートであり、アウフタクトの8分音符も同様にスタッカート気味になるはずです。他の指揮者でテンポを遅くしている演奏でも、その音自体は短い音で次の小節に入るまでに空白を開けて遅くしています。バルビローリみたいに、アウフタクトの音を延々と伸ばして、そのまま間を開けずに次の小節に入っていく演奏というのは、あまり聞いた事がありません。
 さらにこの演奏では、アウフタクトだけでなくメロディーに入った後もかなりゆっくりとしたテンポです。ただ、アウフタクトを倒れそうなぐらい引っ張っているため、それに較べるとずいぶんまともなテンポになったような印象を受けますが。
 軽快にはほど遠い重いテンポですが、ここからがまたとんでもなく、遅いテンポから一気に加速していきます。
 これぐらいが普通かなというテンポをあっという間に追い越し、今度は崩壊間際じゃないかと思えるくらいのハイスピードで飛ばしていきます。
 冒頭のメロディーが再度登場する部分では、ほとんど限界に達して、管楽器はまだしも弦楽器の激しく上下するメロディーなどは、スタジオ録音にもかかわらず、かなり危ないところまで来ています。
 その後、ワルツのあたりではいったん落ち着くものの、最後のプレストからはライブさながらのチキンレースで、最後なんてよく全員同時に終わったものだと感心したぐらいでした。
 そういえば、この最後も、十六分音符三つの「ダダダ」で終わりではなく、その後に、なぜかおまけついていて、次の拍に一度跳ね上がるような高い音が入り、それに続いて全合奏で、落ち着いたいかにもこれで曲の終わりというような和音を長く伸ばして曲が締めくくられています。
 この終わり方も他では聞いた事が無く、歌劇の全曲版での序曲の終わり方というわけでもなさそうで、バルビローリ独自の編曲なのでしょうか。蛇足といえばそれまでですが、まあいかにも終わったという感じはします。

 演奏内容の良い悪いというより、とにかくインパクトのある演奏でした。バルビローリはベルリン・フィルとのマーラーの第9番のようにまともでよい演奏がある一方で、こういうあっと驚く演奏もあるものですから、なかなか目が離せません。(2006/8/26)


サイトのTopへ戻る