J.ブラームス 交響曲第4番 ホ短調

指揮ウィレム・メンゲルベルク
演奏アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
録音1943年4月13日
カップリングブラームス 交響曲第2・3番
ブラームス 悲劇的序曲
発売TAHRA
CD番号CD-780


このCDを聴いた感想です。


 メンゲルベルクがブラームスを演奏するときは、ベートーヴェンを演奏するときに較べ、テンポの伸び縮みやポルタメントをかなり多用しています。
 この第4番も、最初のメロディにポルタメントをかけたりはしませんが、音楽的に盛り上がる部分では何箇所か使っています。
 テンポも揺れが大きく、わりとロマンティックな傾向が強く出ていると思います。
 わたしは、ブラームスの第4番はかなり好きなのですが、他の演奏家のCDと較べると、どうもいまいち印象にのこっていません。そんなに悪い演奏とも思えないんですが……

 この第4番と第2番と悲劇的序曲は、以前、TELDECからCD化されていました。
 TELDECから出ていたCDは、スタジオ録音にしては雑音がひどく、音が割れている部分があったり、レコード盤面のキズと思いますが、一定の間隔をおいて「プチッ」っとノイズがのってて、かなり聴きづらいものでした。
 このCDではだいぶましになったのですが、まだちょっとつらいものがあります。
 さらにTELDECのCDでは、第4楽章で、テーマの9回目の繰り返しの直前( 小節の直前)で一拍ほど無音の部分があって、そういう変わった解釈なのか、それともレコード会社側の単なる編集ミスなのか悩んだものですが、今回のTAHRAの録音には無音部分がほとんど入っていないため、たぶん、SPレコードの盤の入れ換え部分を繋ぎ損ねたものだと思います。
 また、この演奏はDanteからもCD化されていましたが、買おうかな〜と思っているうちに、店頭から姿を消してしまいました。同社は音が良いと評判だったのでちょっと残念です。
 そういえば、TELDECから出ていたCDでは第2番と悲劇的序曲がカップリングで、第4番は、なんとR.シュトラウスの「ドン・ファン」とのカップリングでした。う〜ん、あまり見ないカップリングですよね。
 ちなみに第3番は、戦時中のライブではなく、コロンビアから出ていたスタジオ録音の方です。(1999/10/21)


サイトのTopへ戻る