R.ワーグナー 歌劇「運命の力」序曲

指揮ヴォルフガング・サヴァリッシュ
演奏バイエルン国立管弦楽団
録音1980年11月23日
カップリングモーツァルト 歌劇「魔笛」序曲 他
発売ORFEO
CD番号C 161 871 A


このCDを聴いた感想です。


 きれいに整ったバランスの良い演奏です。
 細部まで神経が行き届き、サヴァリッシュが丁寧に仕上げていることが聞いていてもよくわかります。
 冒頭の三つの伸ばしの音からすでに表れています。
 どれか一つのパートだけ飛び抜けて聞こえるようなことは無く、高音楽器から低音楽器まで均等にバランスを保っています。オルガンのような一体となった厚い響きというより、本当はたった一つしか音が無く、それにいろいろ倍音が重なっていくつも楽器があるように聞こえているんじゃないかと思えてくるような揃った響きです。
 さらにその上を行くのが、中ほどに登場する、コラール風の金管の響きです。
 メロディーのトランペットよりも、もっと低い内声を少し強めに出すことで、トランペットが和音の一員として響きに溶け込み、一体感が出ています。さらに厚みも出て、音量の小さいピアノにもかかわらずしっかりとした存在感があります。
 しかも、それだけ細かくバランスを整えていながら、いや、むしろ整えているからかもしれませんが、飾り気を感じさせない素朴で純粋な、聞いていてとても心が落ち着いてくる響きになっています。
 音楽がバランス良く整っている一方で、雰囲気や表情もなかなか豊かです。
 特に、遅いテンポのピアノの部分でメロディーが入ってくるところは、どれも感情がこもっています。
 昔の大指揮者たちのように演出掛かるほどテンポを変えたりはしませんが、じっくりと間を取っていて、短調の部分では哀愁があり、長調の部分では安心感を感じさせるような明るさがあります。
 フォルテになっても響きは柔らかくバランスも整っているため、迫力はそれほどでもありませんし、キレという点でも厳しく追及しているわけでもありません。しかし、きれいに整っていながら感情も良くこもっているという点で、他の演奏とは異なる魅力を持った演奏です。(2006/6/10)


サイトのTopへ戻る