F.v.スッペ 喜歌劇「軽騎兵」序曲

指揮ポール・パレー
演奏デトロイト交響楽団
録音1959年11月29日
カップリングスッペ 喜歌劇「美しいガラテア」序曲 他
発売MERCURY
CD番号434 309-2


このCDを聴いた感想です。


 メロディの歌に魅了されました。

 この演奏は、テクニックの面でも高く、その引き締まったアンサンブルには目を見張らされるものがありますが、この技術力の高さは、他のどのオーケストラにも真似できないものではなく、例えばシカゴ響やベルリン・フィルといった一流オーケストラであれば、十分に同じレベルの演奏が可能ではないかと思います。
 しかし、メロディの歌わせ方には正直やられました。
 例え、他の超一流オーケストラといえども、なかなか真似する事は難しいのではないでしょうか。
 メロディの中でも、わたしの印象に最も残ったのは、速いテンポになってしばらく後、6/8拍子になり、トランペットが二本で吹く、明るいマーチ風のメロディです。
 力を全く入れていないかのように軽く吹いているのに、いや、吹いているように聞こえるだけあって、伸び伸びとしていて、音に濁りが無く澄み切っています。
 その中でも、メロディの途中で音が上に上がって、1拍1音で下に流れてくる小節の歌い方は、一切から解き放たれたように自然でかつ柔らかく、貴族的な優雅な雰囲気さえ感じられます。
 このメロディは、トランペットでピアノの弱さで演奏された直後、全合奏のフォルティッシモでもう一度繰り返されます。こちらの方も、伸び伸びとした方向性は、トランペットの時と同じなのですが、フォルティッシモの分だけ力が入っていて、トランペットの時ほどの柔らかさや貴族的な雰囲気は感じられません。ただ、その代わりに、元気の良さという要素が加わっています。

 全体的なサウンドとしては、『パリッ』としているという印象を受けました。
 明るく乾燥していて、ドロドロジメジメした陰湿さ粘着性とは無縁の祝祭的な雰囲気で貫かれています。
 正しく曲調にピッタリです。
 明るい乾燥した雰囲気は、曲を通して徹底されていて、初めて速いテンポになる部分の短調のヴァイオリンのメロディは、暗いというより、そのスピード感により前向きの勢いの方が強く感じられますし、中間ぐらいのクラリネットのカデンツァに続く、弦楽器のゆったりとしたメロディは、この曲の中で、唯一暗くジメッとした粘るメロディなのですが、これすらもリズムを強調して硬く演奏する事で、ジメッとした感じが薄くなり、背後では明るさが表に出ようとうずうずしていて、一枚めくるだけで、すぐにでも表に出てきそうな雰囲気があります。
 比較的暗めの二つの部分ですらそうなのですから、他の部分に至っては、全面明るさに充ち満ちていて、聴いていると、自分まで楽しい気分になってきます。(2003/3/1)


サイトのTopへ戻る