F.シューベルト 交響曲第9番 ハ長調 <ザ・グレート>

指揮ウィレム・メンゲルベルク
演奏アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
録音1940年12月19日
発売及び
CD番号
日本フォノグラム(PHILIPS)(PHCP-3084〜97)
ARKADIA(1CD 78530)
UNIVERSAL(PHILIPS Dutch Masters Vol.60)(468 099-2)


このCDを聴いた感想です。


 シューベルトの交響曲でメンゲルベルクの録音が残っているのは<未完成>と<ザ・グレート>の2曲だけで、それぞれスタジオとライブが一種類ずつあり、なかなかバランスの良い組合せです。
 未完成が割と頻繁にテンポを動かすのに較べ、ザ・グレートはテンポをほぼ一定に保っており、しかもなぜか今回取り上げるライブ録音の方が、以前取り上げたスタジオ録音よりもさらにテンポの変化が少なく直線的に進んで行きます。
 気持ちも前へ前へと向かっています。といっても別にテンポを速くしていっているわけではありませんが、特にリズム系の伴奏のキレが良く、横に倒した木にナイフで連続して軽く刻むみたいにちょっと硬く、でも調子の良さがあります。
 メロディーも、音の頭が硬めの、横の流れよりも縦のリズムを強調した歌い方で、上下に躍動しています。決して勢い任せに飛ばしているのでないのですが、生き生きと跳ねていて、なんだか歌い方がやたらと楽しそうです。
 これは、第1楽章のゆっくりとした序奏から第4楽章に至るまで共通しています。
 序奏では冒頭のホルンはともかく、少し先で木管が冒頭のメロディーを担当する部分では伴奏のヴァイオリンの3連符の動きが非常に活発で調子よく、音量控えめの静かな雰囲気なのに内心が抑えきれずに楽しい気持ちが少しずつもれていて、それがクレッシェンドに従ってどんどん開放され、最高潮となったところで呈示部のアレグロに入っていくというわけです。
 第2楽章も速度指定はアンダンテですが、con moto(動きをつけて)と注釈がつくだけあって、もともと行進曲風の性格が強い音楽で、メンゲルベルクの演奏はそれをさらに強調してアクセントをより強く、アタックも硬めです。さらに短調なので本来は締まった厳しい音楽になりそうなものですが、音色が明るいためかリズムの跳ね方に弾力があるのか、やっぱりなんか楽しそうに聴こえます。
 第1楽章のアレグロ以降や、第3楽章、第4楽章は、もう言うまでもありません。楽しさに加えて力強さまで感じられます。
 ただ、これだけ溌剌とした音楽の中で、唯一の例外が第2楽章の後半に出てくるチェロのメロディーです。
 音楽が盛り上がり、その頂点のフォルティッシシモでジャンジャンと全合奏の和音で一度完全に音楽が終わって静寂が挟まり、静かな中から弦楽器のピチカートの伴奏からチェロのゆったりとしたメロディーが登場する部分で、ここだけは十分に時間をかけてゆっくりと歌わせています。
 他の楽しげな雰囲気が嘘のように物憂げな、しかし内に力のこもった音で、緊迫する雰囲気を生み出しています。ここは曲中でも特殊な扱いをしており、その変化の大きさは印象的でした。
 こういう瞬間的に雰囲気を変える上手さと、変えられる反応の良さは、やはり唸らされます。

 録音は、1940年代だけあって、ライブとはいえなかなか聴きやすい音質です。
 細部までの鮮明さという点では、数年後のスタジオ録音の方が上ですが、全体の響きが一つにまとまって調和していますし、雑音も目立ちませんから、そう悪いものではないでしょう。
 一部、おそらく面から面へのつなぎ目で音質がガラッと変わるところがあり、ちょっと気になるかもしれませんが、まあそれぐらいは許容範囲ということで許してください。(2005/4/30)


サイトのTopへ戻る