F.メンデルスゾーン.B 劇音楽「真夏の夜の夢」

指揮ポール・パレー
演奏デトロイト交響楽団
録音1958年3月21日
カップリングメンデルスゾーン 交響曲第5番<宗教改革> 他
発売Mercury
CD番号434 396-2


このCDを聴いた感想です。


『迫力の重低音!』

 なんだかスピーカーか何かの宣伝文句のようですが、この演奏を聴いたときに真っ先に頭に浮かんだセリフです。

 「このCD、リマスタリングの際にバランスを間違えたんと違うか?」と疑問に思えてくるくらい低音がバランス的に突出しているのです。
 特にコントラバスが非常に強く、他の演奏では聞こえてこないところまで全部聞こえてきます。
 普段、コントラバスの有無なんて、意識して聴かない限りあまり気にしないものですが、この演奏では、コントラバスが入ってくると、あまりの存在感に意識していなくてもすぐに気がつきます。
 本当にリマスタリングの際に復刻を間違えたのでなければ、パレーはなかなか面白いバランスで演奏させていると思います。

 というのは、この演奏、確かに低音のバランスが異常に強いのですが、意外と重くないのです。
 これは、パレーがフランスの指揮者という点と関係してくるのかもしれませんが、この演奏の低音は、ハーモニーの土台というより、メロディーパートという性格の方が強く出ています。
 第2曲のスケルツォにその特徴がよく現れていますが、フットワークが良く、コマネズミのようにチョコマカと軽い足取りで動き回ります。
 この軽さによって、演奏全体に風通しがよくなり、緊張感がありながらも涼しげな演奏になっています。

 しかし、低音部をメロディーパートとしての面に重点をおくと、どうしても和音が弱くなり、不安定な演奏になりがちです。

 ここで、異常に強い低音のバランスが生きてきます。
 バスを強調することで、動きが軽い低音でも音量でカバーできて、どっしりとした安定感を生み出せているのです。
 実際のところ、パレーにそういう意図があったかどうかはわかりませんが、わたしにはとても効果的に聞こえました。


 この演奏は、「真夏の夜の夢」の中から、「序曲」、「スケルツォ」、「夜想曲」、「結婚行進曲」の4曲を抜粋しています。
 「真夏の夜の夢」の組曲版というと、この4曲の組み合わせが多いのですが、わたしとしてはちょっと物足りません。
 全曲とまでは行かないにしても、「まだらのへび」や「葬送行進曲」や「農民の踊り」や「終曲」ぐらいは欲しいですね。
 まあ、「まだらのへび」と「終曲」に関しては、歌が入りますので、中々気軽にはできないというのはあるでしょうけど。
 ……本当は、ナレーター入りで演奏してほしいところなんですけどねぇ(溜息)


 録音は相変わらずです。

 この時代(1958年)で、どうやったらここまで鮮明な音がっ!!

 うーん……楽器間の分離が良いくせに、ちゃんとまとまって聞こえるんですよね。
 ワンポイント録音の魔術か、はたまたレコーディングエンジニアの超能力か……不思議です(笑)(2001/7/28)


サイトのTopへ戻る