C.E.アイヴズ 行進曲第3番<『ケンタッキーの我が家』の主題を含む>

指揮レナード・スラトキン
演奏セントルイス交響楽団
録音1991年5月7日
カップリングアイヴズ 「ニュー・イングランドの3つの場所」 他
発売BMG
CD番号09026-61222-2


このCDを聴いた感想です。


 複数のメロディーが入り組んだ複雑な曲を多く書いているアイヴズにしては珍しいくらい他愛無い曲です。
 マーチだけあってリズムは単純明快ですし、メロディーも主旋律は脳天気と言っていいほど明るいメロディーで、後半に出てくるもう一つのメロディーは若干短調気味なのですが、ベースはあくまでも明るさがあり、いかにも『お気楽極楽』といった雰囲気があります。
 形式的には『前奏−A−A1−A2−B−{C−A3}』という形になっていて({}内は繰り返し)、『A』が主旋律で、それに数字がついたのがその変奏、Cが上記の若干短調気味のメロディーになります。
 で、残った『B』、おそらくいわゆるトリオにあたると思うのですが、このメロディーが標題にもある『ケンタッキーの我が家』が使われているというわけなのです。
 しかも、『ケンタッキーの我が家』といっても、あくまでもマーチの中のメロディーとして使われているため、一般的に想像するようなゆったりとした雰囲気はほとんどありません。
 テンポがマーチのテンポであるため、『ゆったり』というより『元気』と言った方が良いような雰囲気ですが、なにより上手いのはその直前に演奏されている『A2』のメロディーをそのまま対旋律として再度使っている点です。
 これによって、それまでのメロディーとは異質である『ケンタッキーの我が家』を、雰囲気を壊さないように、上手く融合させているのです。
 また、『明るい』というと、派手な曲かと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、どちらかというと『派手』よりも『楽しい』曲です。
 もちろん、地味ではないのですが、派手ではないという理由に編成の小ささがあります。
 非常にこじんまりとしたもので、CDに付属していたリーフレットを読むと、『二挺の弦楽器、二本の木管楽器、三本の金管楽器、ドラム類』という、だいたい10人以下のほとんどアンサンブルのような編成です。
 これらの楽器の内訳ですが、わたしもスコアを持っているわけではありませんので耳で聴き取った推測ですが、弦楽器二挺はおそらくヴァイオリン×2で、二本の木管楽器は、フルートとクラリネット、三本の金管楽器はトランペット・トロンボーン・チューバ各1で、ドラム類は、スネアドラムとシンバルともしかしたらバスドラムといったところでしょう。わたしも自分の耳は今一つ当てにならないので、ヴァイオリン一挺とクラリネットはもしかしたら別の楽器かもしれません。でも他の楽器はたぶん合っていると思います。

 この曲は、とにかく『楽しい』という点が一番の魅力です。
 確かに単純なマーチですから、人によっては『内容に乏しい』という低い評価を下してもおかしくありませんし、実際そうなのもかもしれません。
 しかし、わたしにとっては、いくら内容が乏しかろうがこの楽しさは何物に変えがたいものですし、わたしはこの曲が大好きです。(2002/8/16)


サイトのTopへ戻る