C.A.フランク 交響曲 ニ短調

指揮ウラディミール・ゴルシュマン
演奏セントルイス交響楽団
録音1953年2月23・24日
カップリングショスタコーヴィチ 交響曲第5番
発売EMI(Capitol)
CD番号CDM 7243 5 66557 2 0


このCDを聴いた感想です。


 重く後ろに引っ張られるような演奏です。
 まるで、泥沼で足を取られながら歩いているみたいで、前に進もうとするのだけれどなかなか前に進めず、気持ちばかりどんどん焦っていくような切迫感が感じられます。
 全3楽章ともそういう雰囲気なのですが、特に第1楽章がその傾向が強く、曲調が暗いこともあって、どんよりと重苦しい空気が漂っています。
 録音の影響もあるのでしょうが、高音が弱いため、ゴルシュマンの演奏にしてはフランスらしい華やかしさが無く、むしろ単色に近い、冬景色のようなモノクロームの世界になっています。
 その一方で、重苦しい割には低音はさほど強くありません。
 これも録音のせいでしょうか、全体を支える土台というには弱く、安定感や力強さはあまり感じられず、逆に中音域ばかり目立ち、グラグラしていまにも倒れそうな不安定さの方を感じます。
 しかし、その不安定さが切迫感をさらに強めています。
 第2・3楽章は、明るめでゆったりとした曲調の部分もあり、だいぶ雰囲気も和らぐのですが、ベースとなる雰囲気が重苦しく、しかも体は動かないのに気持ちばかりが追い立てられているような切迫感があるため、明るい部分でも、弾けるような華やかさとか、心の底からリラックスした安らぎは無く、何かの影に怯えているような不安感が付きまとっています。
 霧のように、場所によって薄くなったり濃くなったりと多少の差はあっても、常に、冬の重苦しさに包まれた演奏です。

 そういう重苦しい雰囲気の中にありながら、第2楽章のイングリッシュ・ホルンのようなあちこちで登場するソロは、さりげなく趣味の良さを感じさせます。
 メロディーを歌わせるのにも、感情を直接表に出したような露骨な歌わせ方ではなく、一見(一聴?)、それほど表情をつけて歌わせているようには聞こえません。
 しかし、プレイボーイがいつの間にか驚くほど近づいているように、知らず知らずのうちに、その歌に引き込まれてしまいます。
『表は唐草、裏は花色木綿』ではありませんが、一見無造作に見えて、その実丁寧に微妙な陰影をつけながら歌わせているため、それとなく、しかしより素直に表情が伝わって来ます。
 こういう貴族的な手の込んだところも、ゴルシュマンの魅力の一つと言えるでしょう。(2004/2/20)


サイトのTopへ戻る