A.ボロディン 交響詩「中央アジアの草原にて」

指揮ウィレム・メンゲルベルク
演奏アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
録音1941年3月
カップリングチャイコフスキー 交響曲第6番<悲愴> 他
THE MENGELBERG EDITON,Vol.2
発売ARCHIVE DOCUMENTS
CD番号ADCD 108


このCDを聴いた感想です。


 メンゲルベルクってこんな曲も録音してたんですね〜
 というのが、最初の印象です(笑)

 それはともかく、聴き始めてまず気が付くのはテンポの速さです。
 続けて出てくるロシアのメロディーもごくごくあっさり吹いています。と、いいますか、スラーとそうで無い部分の差をハッキリつけすぎているため、ギクシャクして妙にしゃちほこばった感じです。
 あれれ、このままいくのかな〜 と思って聴いているとアジアのメロディーが入ってきました。

 急にテンポがそれまでの70%に落ちます(笑)

 そのうえ、メロディーもそれまでと打って変わってネトネトでベッタリと、まるで納豆のようです。
 むちゃくちゃ表情過多です。

 アジアのメロディーが終わって、ロシアのメロディーに戻ってくると……

 今までがウソのように最初の速いテンポに戻ります。

 何事も無かったかのようにメロディーもあっさりと演奏されます。
 まるで悪い夢でも見ていたかのようです。

 ところが、次にまたアジアのメロディーが出てくると、ネトネトでベッタリに逆戻りします。

 以下、ロシアのメロディーの時は、テンポは速くアッサリと、アジアのメロディーの時は、テンポが遅くネットリと、を繰り返します。

 ところで、この曲は、途中からロシアのメロディーとアジアのメロディーが同時に出てきます。
 どうするのかな〜 と思っていたら……

 ベースはアジアでした(笑)

 アジアの時のテンポがちょっとだけ速くなり、アジアのメロディーもちょびっとだけアッサリ演奏されます。
 しかし、ロシアのメロディーは、それ以前とは比べ物にならないくらい粘りまくっています。
 いままで気配すら無かったポルタメントまで加わっています。
 ハッキリ言って、とっても暑苦しいです(笑)

 そのくせ、最後はまた速いテンポで静かに消えていくという、なんともはやコメントしようがない演奏です。


 実は、わたし、このCDを聴くのは久しぶりだったんですが、ここまでオモシロイ演奏だったとは全然覚えていませんでした。
 う〜ん、こんな楽しい演奏を見逃していたとは……もったいない!(2000/7/21)


サイトのTopへ戻る