A.ブルックナー 交響曲第5番 変ロ長調

指揮カール・シューリヒト
演奏ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音1963年2月24日
発売Grammophon
CD番号435 332-2


このCDを聴いた感想です。


 シューリヒトのブルックナーの演奏は、スケールこそ大きくありませんが、シャキっとした、小気味のいい演奏というイメージがありますが、このウィーン・フィルとの第5番の演奏はまさしくそのイメージ通りの演奏です。
 1963年の演奏にしては、ライブということもあり、録音があまり良くなく、その上モノラルですので、スケールの大きさから来る迫力は、第5番という比較的スケールを大きくしやすい曲にもかかわらず、ほとんど感じることはできません。
 それではこの演奏は全く迫力の感じられない演奏かといいますとそうではありません。
 テンポ設定の上手さとダイナミクスによって、音が充実しているため、スケールの大きさからくる構造的な迫力とは全く違う別の迫力が十分に感じられます。
 シューリヒトのようにテンポを速めにしますと、スピード感はあってもたいがい軽めで落ち着きの無い演奏になってしまう場合が多いのですが、この演奏はテンポこそ速めですが、適度な重みがある落ち着いた演奏になっています。
 その理由として、音の一つ一つがウィーン・フィルの特性を生かした重さのある音ということもあるのですが、もっと大きな理由は、シューリヒトのテンポ感覚にあると思います。
 フレーズからフレーズへの移り変わりのテンポ設定がとても絶妙なのです。
 あまり開けすぎると、タメが入りすぎた演奏になり、後ろから綱で引っ張られてるようなもどかしい演奏になってしまい、性急に移りすぎると、前のめりの落ち着かない演奏になってしまいます。
 シューリヒトは落ち着きのあるそれでいて音楽の前進する勢いが失われない微妙なラインをじつに上手く設定しています。

 わたしは、実は第5番の第3楽章は好きなほうでなかったんですが、このシューリヒトのキレの良さと、メロディーをスピード感溢れる歌わせ方をした演奏によって、初めて魅力がわかったような気がします。(2000/11/3)


サイトのTopへ戻る